徹底リサーチ☆福岡の医学部予備校

LINE UP

トップ > 福岡の医学部専門予備校について > 福岡の医学部予備校には主に3つの種類がある

福岡の医学部予備校には主に3つの種類がある

 福岡の医学部予備校には3つの種類があり、目的に合わせて選ぶことができます。
九州の中心の地域なので、名の通った大手の予備校の校舎があります。
このタイプの予備校は医学部受験に実績があり、講師も質が高いです。
集団の授業が主に行われており、成績の良い生徒に向いています。
成績の良い生徒が通っているので、他の生徒から刺激を受けて勉強に励むことができます。
質の高い講師の授業を受けられるので、各教科の点数をさらに伸ばしやすいです。
ただし、自主的に勉強することが求められます。
勉強の習慣がついていない場合は、他の予備校に行った方が良いでしょう。
苦手な科目がある場合も、このタイプには向いていません。
集団の授業が中心になるので、授業中に分からないところを納得のいくまで教えてもらうことは難しいからです。

 医学部専門の予備校も福岡には存在します。
このようなところは、少人数制のところが多くて、講師の目が行き届きやすくなっています。
このタイプの予備校は成績が伸び悩んでいる生徒に向いています。
医学部に合格するにはどの教科でも高い点数を取らなければなりません。
1科目でも苦手な教科があれば、不合格になる恐れがあります。
医学部専門の予備校だったら、少人数制のクラスで自分の苦手な科目の点数を上げることが可能です。
また勉強の習慣が身に付いていない生徒にも適したところです。
講師の集中した授業を受けられるので、自然と勉強に身が入るようになります。
大手の予備校にくらべたら、テキストが充実していなかったり、講師の質が劣っていることもありますが、少人数制のクラスに入れるので、そのようなデメリットは解決できます。

 最近は個別指導中心の医学部予備校も増えてきました。
このようなところは、成績の低い生徒に向いています。
成績が低い場合は、医学部に合格するのは難しいのですが、個別のところで分からないところを詳しく教えてもらい、マンツーマンの指導を受けながら点数を上げることができます。
個別のところは、マンツーマンの指導が一番の魅力です。
マンツーマンだったらその生徒に合ったカリキュラムを作ることができます。
例えば、極端に苦手な科目の場合は基礎の基礎から勉強できます。
中学の内容に遡って勉強することも可能です。
集団の授業ばかりだったら、生徒は質問しにくいですが個別だったら、自分の必要に応じて質問できます。
分からないところは繰り返し質問することも可能です。
勉強が非常に苦手な生徒が基礎から勉強するのに適した予備校です。

PAGE TOP